2017年08月31日

8/30日誌

iPhoneを使ってる知人が携帯料金が1万3,4千円ぐらい行って困っているという話を聞きました。

話を聞く分には結構ネットを頻繁に使うらしく、データを継ぎ足し継ぎ足し買ってるのが理由。

そんな訳でsimフリーの携帯電話を前から勧めてたんだけど、今日ついに端末が届いたようです。

夜に電話がかかってきて、初期設定の仕方を教えて欲しいというので教えてたんですが

どうしてもネットワークの設定がうまくいかない。端末の問題なのかルーターの問題なのか実物を見られないからわからない。

だから明日にしない? と相談したんだけども、今日中に使えるようにしたいとのこと。

でも今日中にセットアップしてもsimカードを契約しないと外では使えないという話をしたところ

えっ!? とえらく驚いていました。彼女は携帯の端末が来た次点で携帯を使えると思っていたのです。

それ聞いた瞬間自分もようやくハッとした。iPhoneを使ってた人の常識で考えれば

携帯の端末を受け取ったその日からネットも電話もすべて使えるのが普通なんだ。

なんだか彼女に申し訳ない気持ちになりました。俺はこれぐらいわかるだろと高をくくって相手の目線にたってなかったから。

端末のことは明日どうにかすることにして、回線の契約だけは教えながら今日やりました。

その時彼女からは、こんなのわかる人がいなきゃ絶対できない。あんざいはすごいこと出来るんだねと言われました。

自分の常識で言えば、こんなの調べれば誰だってできるし特別すごいことじゃないと思う。

でも知らなければなにを調べればいいのかもわからないもんね。

今回の場合相手がどこまでを理解してるのかを理解していなかった自分の問題がわかった。

だからこそ聞くんだよね。そしてそこにコミュニケーションが生まれるんだ。

もっともっとたくさんの価値観に触れよう。
posted by あんざい at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月30日

8/29日誌

朝からJアラート。結果としてあんなもの鳴っても逃げられもしないし、ミサイルの迎撃も出来ないので

結局いつも通りの日常を過ごすべくポケモンGOをやりに出かけました。

天気のこととか、災害とか自分の力でどうにもできないことをあれこれと投げてもしょうがないしね。


うちの母は太っちょです。毎日一緒に歩こうって言っても今日はいい今日はいいの一点張り。

ポケモンGOのレベルも大半が車で信号待ちの時に稼いでるもののようだ。

本当に押しても引いても動かない人で、入院してから痩せるんじゃないかって怖くなる。

うちの父親は面白いです。普通の人とは違う角度でポケモンGOを捉えています。

そんな父親だからスマホを買って一ヶ月でポケモンGOのレベルは31。たいていがレベル20もいかずやめていくなかで、これはなかなかのハイペースだと思います。

いつも言ってるのは俺は狙ってるから。だから歩くしポイントを集める。

そんな父親の姿勢を見てるからポケモンGOもまた再開したし、自分も数字を狙い始めた。

ポケモンGO以外のところでもね。


そんな父親ですが、今日は仕事がハードだったらしく朝早く出て遅い時間に帰ってきました。

とてもクタクタでもう歩きにいけるような状態じゃなかったので、自分が代わりに今日は歩くことを提案。

自分のポイントも集めたいけど、それよりも狙っている父親の力にもなりたいと思ったから。

それに乗ったのがうちの母親。

今まで散々行こう行こうと言っても聞かなかった母親が行くと言い始めた。

ああ、この人を動かすのは自分じゃなくて誰かのためになろうと思う時なんだって知った。

でも誰かのためになろうと思った結果、自分にとっても本来のプラスになってるんだから自分のためになるんだよなあ。

ポケモンGOを通してそんな一面も見えてくるなんて本当に面白い。

たかがゲームなんだけど、ゲームの力ってすごい。俺にとって理想のゲームの形がここにある。

家族が仲良くなるゲームそれっていいな。

posted by あんざい at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月29日

8/28日誌

有給生活1日目。

午前中に家事しちゃって午後からはお便り書いたり、電話で面接受けたりと着々と次への準備を進めています。

今日の面接は電話だったんだけど、さすがに言葉にすると色々と重い。

文章ならあれこれこんな感じで好き勝手書けるんだけど、会話相手がいる電話での言葉はひとつひとつ重い。

これが対面になったらもっと重くなるんだけど、もっともっと言っていこう。

今日は将来の着地点はどこですかと聞かれたので、誰かの役に立つ経営者ですと答えた。

ゲームでですかと聞かれたので、違いますと答えておきました。

多分僕自身がゲームの道に進むことはないと思います。

今後ゲームを作ることになっても命を賭けて生業にするものではないと思う。

じゃないと自由なゲーム作れない。自分が作りたいもの作れる人生の基盤となる近道が経営者で

そのために自分の仲間が必要。人の役に立つことをしたい。

僕にとってのゲームは人の役に立つことなので、どこまでいってもその理念だけは崩さないようにしたい。

このことを口に出すのは重たくて責任があるんだけど、文章じゃなくてはっきりと人間相手に宣言していく。
posted by あんざい at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記